お問い合わせくださる提携会社の皆様へ

 

 

いつもお世話になっております。

 

当方では、ご依頼いただいている 1件1件の講演会・研修に 充実した内容が提供できるよう

充分な準備を行っています。

 

      そのため、まことに恐れいりますが、

  お問い合わせ地点  

~お問い合わせ受付対象~

講演会・研修の実施が主催者様側で決まっていること +

当方への依頼が確定している もしくは 1希望のお客様のみを対象に

お問い合わせの受付させていただきます。

                    

   まことに申し訳ございませんが、

  ×「入札式の案件に講師として応募し、会場でプレゼンしてほしい。」
  ×「
講師を公募しているので、ぜひ応募してほしい。」等には、

   すでに成約している案件への成功に向け、準備業務に集中しておりますため対応しておりません。

 

   当方では11件の決定案件を大切にし、各充実することに力を注ぎ、充分な準備を行った上で

   講演会・研修等を提供させていただいております。  

 

 

★お問い合わせ例
 ⇒開催日に、講師の日程が空いているかどうかを尋ねたい。」

   (主催者様側で開催日が先に決定し、会場が予約済の<押さえられた>場合)

    →「会場名」(例:○○ホテル・○○駅前<正式名称・所在地名>)と
               「講演会・研修の開催日時」(○年○月○日<曜>)をお知らせ
くださいませ。

   

    →「会場を押さえられた日時(開催日時)」と「講師の空日程」の合致有無を、

      当方より出来る限り早くご返信いたします。      

  

 ⇒「開催期間が決まっているので、その期間内で講師と開催に向けて、日程調整をしたい。」

   (主催者様側でこれから会場をご予約⇒講師のスケジュールと開催日程を合わせていきたい場合)

   →「開催期間」(例:10月下旬~11月上旬など)や「ご希望の開催日時」(○年○月○日<曜>)

     お知らせくださいませ。    

 

まことに恐れ入りますが、上記 枠内 ~お問い合わせ受付対象~ の内容が、現地点であいまいな場合は、
まず、主催者様側でそれらを確定されてから、当方へお問い合わせくださいますようお願い申し上げます。

   

 ********************

講演会・研修の実施が決まっていて、

当方への依頼が確定している もしくは 第1希望の主催者様へ~

 

上記のようにスケジュール管理を徹底させ、

正式に講演会・研修のご依頼を受け、講演研修を開催される主催者様に

充分な時間と労力等を費やし 

開催当日、充実した内容が提供できるよう準備を行っております。

 

メールでのご相談やお打合せは、何度でも可能です。 

開催成功に向けて、どのような小さなことでも どうぞ遠慮なくご相談くださいませ。


 

【講演会・研修日程等の仮確保をご希望の場合】
講演会・研修等の開催日を仮確保される場合は、当方への依頼が正式に確定している場合のみとなります。
(恐れ入りますが、スケジュールの都合上、当方への講演研修依頼が確定していない段階では、

 開催日の仮確保はお受けしておりません。)
 

開催日の仮確保期間は、開催日の仮確保を行われた日を含めて、原則として 1ヶ月以内となります。

(1ヶ月を超えて日程の仮確保をご希望の場合は、一度ご相談くださいませ。)

【開催日仮確保の方法】

日程の仮確保時は、
①仮確保ご希望日

お客様側で開催日(会場予約等)が正式に決定し、当方へその開催日をご報告くださる日(講演研修ご担当者様から当方へのご報告お約束日)
 (⇒いつまでその日程を仮確保すればよいのか:開催決定日⇒当方への報告日

  上記①②の  2点を同時にお知らせください。 


 (:「①115日と1112日を講演日に仮確保したい。
    ②718日に正式に開催日が決定するので、718日中に報告します。」
   ⇒こちらの事例では、718日(お客様が決められたご報告お約束日)に開催日を報告くだされば、
           
講演会開催の日が115日、12日のどちらか1日であっても、仮確保の他1日に対して
      キャンセル料は発生いたしません。)

【開催日仮確保のルール:厳守】
上記② 事業所様で開催日(会場予約等)が正式に決定し、その開催日をご報告くださる日(ご報告お約束日)にご担当者様は、当方へ必ず自主的にご報告ください。 

*注意:上記 お客様が設定されたご報告日(ご報告お約束日)に、万が一、お客様側(講演研修ご担当者様)から当方へ開催日決定のご報告がなかった場合は、その翌日に すべての仮確保日は受付無効となり、仮確保をされたすべての日に対してキャンセル料が発生します。
 ただし、当方への依頼と講演研修開催が正式決定している場合は、お客様側のご事情で開催決定日が延期になった場合や、仮確保日の変更をご希望のときなど、お客様が設定されたご報告お約束当日もしくはそれまでに当方へご連絡をいただきましたら 仮確保日程すべてに対してキャンセル料は発生いたしません。また、仮確保日程の変更ご希望時は、双方で日程を調整した上、お客様は新しく別日に仮確保日がご設定いただけます。

*何かお困りのことがございましたら、その都度、どうぞ遠慮なくご報告・連絡・相談くださいませ。 


【講演・研修のお問い合わせにつきまして】

講師へのお問い合わせ時、

「開催される事業所・団体名」(正式名:事業所が確定できる名)を必ずご記入ください。
 

開催主催者と、お問い合わせくださる講演研修会社の間で 仲介業者が入っている場合も同様、

「仲介業者の正式名」をご記入ください。

 

お問い合わせ時、開催事業所名や団体名・仲介業者名の 各正式名の記載がない場合や、

仲介業者から講演研修会社に、主催事業所・団体名が知らされていない場合などは

お問い合わせ内容につきましてのご回答や仮日程の予約等は、一律いたしかねますので、

あらかじめご了承くださいませ。

 

過去、「事前に講義中の録音・録画禁止」を伝えているにもかかわらず、

開催当日、無断録音・録画があった開催事業所などは、受注不可とさせていただきます。

 


【キャンセル料が発生する場合】
(1)お客様において、上記規約1【講演会・研修日程等の仮確保をご希望の場合】 【開催日仮確保のルール:厳守】に対して規約違反を行った場合⇒今まで仮確保された全日(すべての日)に対して必要

(2)万が一、お客様のご都合で本取引を中止される場合⇒開催予定日全日(すべての日)に対して必要
日程の確保や準備が進んでいる都合上、下記のキャンセル料が発生します。
 

キャンセル日

(講演・研修等の

開催予定日を含む)

キャンセル料

開催予定日から3日前まで

講演・研修・コンサルティング・他サービス料金の  100%

4日前から7日前まで

講演・研修・コンサルティング・他サービス料金の  90%

8日前から31日前まで

講演・研修・コンサルティング・他サービス料金の  80%

32日前から45日前まで

講演・研修・コンサルティング・他サービス料金の  70%

46日前から60日前まで

講演・研修・コンサルティング・他サービス料金の  60%

61日前から75日前まで

講演・研修・コンサルティング・他サービス料金の  50%

76日前から90日前まで

講演・研修・コンサルティング・他サービス料金の  40%

91日前から150日前まで

講演・研修・コンサルティング・他サービス料金の  30%

151日前から250日前まで

講演・研修・コンサルティング・他サービス料金の  0%

 

(1)につきまして:お客様が設定されたご報告日(ご報告お約束日)に万が一、お客様側から当方へ開催日決定のご報告がなかった場合は、そのご報告お約束日の翌日に、すべての仮確保日が受付無効となり、過去に仮確保をされたすべての日に対して(お客様のご希望で仮確保日の変更があった場合は、その前後すべての仮確保日に対して)キャンセル料が発生します。
各日のキャンセル料は、日程の仮確保の依頼をされた当日から各開催予定日(各仮確保日)までの日数計算になります。

*事前面談お打ち合わせがあった場合の交通費・視察交通費や、予約旅費交通費等にキャンセル料が万が一発生したとき、開催当日会場に向かっている途中で中止が急遽決定したときに発生した交通費宿泊費・他立替金があった場合などは領収書等原本を添付の上、実費請求となります。
*キャンセル料は、本取引中止日を含め7日以内(土日祝・金融機関の休日を除く)に、弊社口座への銀行振り込みとなります。

 


キャンセル料が発生しない場合

一律、当方への依頼と講演研修開催が正式に決定している場合となります。

(1)日程の仮確保を行われている段階で、お客様側のご事情で(会場予約のご都合等)開催が決定する日(当方への報告お約束日)が延期になったときや、仮確保日を別日に変更ご希望時
*ただし、お客様が設定されたご報告日当日もしくは、それまでにご連絡ください。
 ⇒双方で日程を調整した上で、新しく別日に仮確保日をご設定いただけます。

(2)主催者様の地域で天災地変等の不可抗力発生時やインフルエンザ等の感染症流行時期により、開催を中止される場合
⇒例:当方でレジュメ作成等の労役が発生しておりましても、主催者様への当日の不可抗力発生のお見舞いとし、当方で労役負担いたします。

(3)主催者様側のご事情で開催日を延期・日程変更される場合

⇒例:天候等の不可抗力・インフルエンザ等の感染症流行時期他、主催者様側の内部の何らかのご事情で開催日を延期される場合など双方で日程を調整した上で、新しく別日に開催日を再確保していただけます。

 

*なお、事前面談お打ち合わせがあった場合の交通費・視察交通費や、予約旅費交通費等にキャンセル料が万が一発生したとき、開催当日会場に向かっている途中で中止が急遽決定したときに発生した交通費宿泊費につきましては実費請求(領収書等原本照合資料添付)となりますが、当規約 5 上記(1)(2)(3)の場合は、各仮確保日、正式日程確保日、お客様のご事情でそれらの日程の変更ご希望があった場合などを問わず、一律、当方への講演研修コンサルティグ料金・日程確保につきまして、キャンセル料は発生いたしません。

 

万が一、そのような事態が発生しましても、別途、どうぞお気軽にご相談くださいませ。


【お客様<例A>の仮確保日と、他の事業所様<例B>からの正式開催ご依頼日が重なった場合】
お客様<A>が仮確保された日と同日を、後日、講演研修開催決定日として別事業所様<B>から、正式にお申込みをいただく場合があります。(事業所様側で、先に会場の手配をされている場合などがこちらに相当します。)

その場合は、日程の仮確保をされているお客様<A>へ迅速にご相談をいたしますが、そのときにお客様側<A>で仮確保日の開催が不明瞭であるときは、開催日指定で正式にご依頼をいただいている別事業所様<B>のご希望が優先となります。

なお、それに伴い、仮確保日が一日減少するお客様<A>につきましては、当方と日程調整の上、別日、新たに一日仮確保日を設定していただくことが可能です。
 
 

また、先に日程の仮確保をされていたお客様<A>へ、当方からのご相談時(お客様<A>の仮確保日と、別事業所様<B>との正式開催日重複時)、お客様<A>側でその日(仮確保日)を迅速に正式開催日とされる場合は、お客様<A>のご希望が優先となります。

 


開催当日・開催地に向かっている途中・出発前に、天候等の都合で利用予定交通機関の変更をご希望の場合】

 開催当日・開催地に向かっている途中・出発前に、万が一、天候等不可避的な状況により

 交通ルート変更のご希望が発生した場合、ご希望の交通手段で向かうことにより、

 ご用意くださっている交通チケット等の交換差額超過額は、主催者様側の交通費として

 加算することになります。

 

 天候等の事情により、急遽、前日から移動をした方がよい場合など、スケジュールが可能な限り

 出来る限りの対応をいたします。遠慮なくご相談くださいませ。

 (お困りの場合は、土日祝、GW、夏冬休み等を問わず、時間も自由に≪深夜早朝も可≫

  講師へ直接遠慮なくご連絡ください。)

 

 なお、交通費や宿泊費は、通常どおり必要ですが、前泊・後泊の日程確保料や遠隔地手当は、
 当方は、不要です。
 


 ご不明な点がございましたら、どうぞ遠慮なくご相談くださいませ。

 

高橋美幸