企業:新入社員ビジネスマナー研修

カリキュラム(例) 

~即戦力になるための実技徹底トレーニング~

 

 

~目的~

社会人の第一歩として学生との違いをしっかりと認識していくと同時に、
これから、現場で立派に学習内容を活かし、そして組織を成功へ導く人になれるよう
懸命にサポートを行っています。

 

研修は、皆さまの個性が引き出せるようよい雰囲気で進めています。

 

~期待できる効果とその根拠~

1.ビジネスマナー全般が、バランスよく身に付きます

 講師は、自己流の指導ではなく、公的に認められて資格を持った上で、指導にあたっています。

 

~指導の根拠:取得資格~

・文部科学省後援 ビジネス電話検定 実践級(最上級) 優秀賞 受賞
・文部科学省後援 サービス接遇 1
・文部科学省後援 ビジネス実務マナー 1
・文部科学省後援 秘書検定 1
・文部科学省後援 ビジネス文書検定 1
・文部科学省 経済産業省認可 社団法人 全日本きものコンサルタント協会認定校
 装道礼法学院認定 礼法指導資格
・装道きもの学院認定 着物着付指導資格
・全日本作法会 師範
・華道 未生流 教授
・茶道 裏千家 許状
・文部科学大臣許可法人 財団法人全日本情報学習振興協会

  個人情報保護法 スペシャリスト 認定

厚生労働省 後援 ワークルール
・ビジネス著作権検定 
・日商 ビジネスマネージャー

・心理カウンセラー

・メンタルヘルス

・簿記1級 

・日商 販売士 

・公安委員会 不当請求防止責任者(すべて証明書有)

 

~資格を取得してきた理由~ 

接遇やマナーは、さまざまシーンへの対応力が必要とされます。
多角的な視点での考え方やスキルが必要になります。

そのため、いろいろな資格をクリアしてきました。 

 

お辞儀ひとつでも、自己流では変な型がつくことがご心配だと思いますが、当方は

お辞儀一つでも各公的な機関に認められた上で指導にあたっておりますので、

みなさまにも、きっちりとしたどこに出ても恥ずかしくない

洗練された立居振舞が学ぶことができ、現場で活用していただくことができます。

 

その証拠として、さまざまな研修写真の受講生さまのお辞儀を

見比べていただくと、よくご理解いただけると思います。

 

まず「講師自身のお辞儀を動画に掲載していること」も
「ほんまもん」である理由のひとつでもあります。

 

~指導の根拠:サービス業の現場経験~

・大手メーカー MDチーム所属 ブランド別 チーム 売上 国内1位
・同メーカー 高橋 個人 販売実績 売上 国内1位(大規模小売店 売上 上位約220店舗中)
・経理学院勤務時(簿記講座販売と指導)客単価 高橋 簿記売上 全社1位22社中)
・生徒授業満足度アンケート 日商簿記 2級指導 全社1位 数回受賞
・緊急職業訓練校担任時 日商簿記3級合格率実績 90100(京都・滋賀ハローワーク)

 

講師歴は、27です。

サービス業の経験は、15年。

トップセールス。

メンバーにも恵まれチーム売上1(TVCM商品)の経歴を併せ持ちます。

 

講師は、このように取得資格・サービス業の現場経験の両方を満たした上で、

指導にあたっております。

過去の経歴等を明確に開示した上で指導にあたることが、業界のルールです。

(取得資格や経歴を述べないグレーゾーンの状態では、

  講師は指導することはできません。)

  

2.人材が人財になるためのサポ―トを行っています。

最初が肝心です。

単に、ビジネスマナーを身に付けるだけでなく、

効率のよい仕事の進め方、自己啓発の重要性、チームワーク力の大切さ、

売上目標を達成するまでの努力・苦労・落ち込みからの回復・成功、

皆さまの将来にお役立ていただけるよう惜しみなく さまざまな実経験もお伝えしています。

 

このような現場の話も皆さまには刺激があるようで、楽しそうにご受講くださっています。

 

現場経験も踏まえた上で、モチベーションアップにも配慮し、心理カウンセラー・メンタルヘルス・

ビジネスマネージャー等の資格も活かしメンタルサポートも行いながら進めています。

 

「人材を人財へ」の育成に向けて、さまざまな角度からサポートを行っています。

 

~大切にしていること~

講師は、何の経験もなく、いきなり講師業に就いたのではございません。
サービス業の現場で、1から下積みを重ねて上がってきた人間ですので、
新人さんの立場もわかります。

上から目線ではなく、受講生さま
ひとりひとりと向き合い、
各自を尊重
しながら進めています。

 

みなさまの目線を大切にして、不安なことが自信に変わるまで、
さまざまなお話もお互い
にしています。


スキル習得では、ある時は、できるようになるまで
何度も何度も厳しくトレーニング
を行っています。


しかし、根本的に、それ以上に、
皆さまに真のやさしさ・温かさ・思いやりを持った上で、みなさまに接しています。

 

~内容・進め方など~

下記は、あくまでも、研修案の一部です。

例に、6時間×2日で記載しましたが、実際は、各事業所さまによって、
開催時間もご要望も異なっています。


毎回、各事業所のご担当者さまとお打合せをさせていただき、

ご要望のお時間、内容で、オーダーメイドにより、
各事業所のみのオリジナルテキストを作成・進め方で開催しています。 

 


~カリキュラム(案)~

 *下記は、あくまでも一例です。

  実際は、各事業様とのお打合せにより、各種業態や職種に合わせて内容や進め方をご提案しています。

 *講義・ワーク・実技を組み合わせた実践的な研修です。

  ⇒「知る」「考える」「気づく」「できるようになる」「指導できるようになる」ことを

    目的にしています。

 

例≪2日間≫

 1日目×6時間  

項目

内容

進め方の例

期待できる成果や

指導の根拠など

■社会人としての

心構え

・事業所の理念

・行動指針の確認

・学生と社会人の違い

・社会的背景と必要と

される人財とは

(人材⇒人財になろう)

・成功する組織になるために

・お客様が必要とされる

サービス商品等の

ニーズの読み方

講義・ワーク

各事業所の理念を再度、明確にし、方向性をしっかり定め、何のために研修をするのかを明確にしています。

学生と社会人の違いは、厳しいことも申しておりますが、立派な社会人になるためには必要なことです。

また、成功する組織を作るために、その一員であるために、どのようなことが大切なのか成功事例も含めてお伝えしています。

 

■社会人しての

マナー

 

・職場のルールとマナー

(出勤・勤務中・離席・退社・

遅刻・欠勤・喫煙含)

・公共のマナー

・仕事の進め方

(PDCA・仕事の優先順位・

問題意識等)

・プロ意識

・社会的使命

・職業倫理

・チームワークの重要性

講義・ワーク

当たり前のことですが、学校との違いを厳しく伝え、しっかりと認識していただくことが必要なので、学習内容に入れております。

また、会社の一員として、公共の場でも品位ある言動がとれるようサポートしています。

仕事の進め方などは、単なる机上理論ではなく、基本+応用+実際の事例などもリアルにお伝えしています。

チームワークの重要性につきましても、現場で活かせるヒントになるよう実際の成功事例などもお伝えしています。

 

■コミュニケーション

・命令・指示の受け方

・報告・連絡・相談の仕方

・忠告の受け方

・忠告をする場合の注意点

・忠告後のフォローのしかた

講義・ワーク・実技

実際のシーンにすぐに役立てるよう徹底した講義+実技トレーニングを行っています。

さまざまな体感ワークもいれております。

楽しそうにご受講くださっています。

 

■応対動作

 スキル習得①

(基礎)

・第一印象を大切に

・ビジネスにふさわしい

身だしなみとは

・ボイストレーニング

・声のト-ン

・腹式呼吸他

・笑顔のトレーニング・目線のワーク

・挨拶のしかた 

・接客用語・立ち姿・挨拶のしかた

・お辞儀のしかた・自己紹介のしかた

・椅子のかけ方・離れ方

・お客様に上司・先輩を紹介する方法

・お客様の前で、上司や先輩から、

自分が紹介を受ける方法

・話をする時の姿勢

・話をするときの距離のとり方

講義・実技

自分のふるまいが、会社の代表となるその自覚を持つことが必要です。

 

このビジネスマナーの部分は、特にしっかりと実技を徹底しています。

 

来客応対や訪問動作でも、行いますが、最初は、部分的に実技練習を重ねています。

 

何度も何度も、しっかりとできるようになるまで、徹底した実技トレーニングを積み重ねています。

 

その結果、研修の後と前では、お辞儀も立ち居振る舞いも美しく・凛々しく変わっています。

 

 

 

■お話のしかた

・傾聴トレーニング

・あいづち

・説明のしかた

・気持ちのよいお話のしかた

(応酬話法・クッション言葉他)

講義・実技

日常のコミュニケーションでも、

商談などで活用できるスキルをお伝えし、実践トレーニングを行っています。

 

さまざまな現場で経験した成功事例なども、いつも興味深く聴いてくださっています。

様々な成功事例を、ぜひ、アレンジして、現場でお役立てください。

 

■人間関係

・自己分析

・タイプ別アドバイス

・上司、先輩が新人に望むこと

・上司、先輩、同僚との接し方の

アドバイス

・人間関係が楽になる考え方

・ストレス回避のためのアドバイス

・ストレスマネジメント

講義・ワーク・実技

仕事に携わっていると、誰しもいろいろなことに突き当たります。

人間関係もそうだと思います。

さまざまなことを乗り越えていかないといけませんので、あるときは心理学を応用し、あるときは、人生の先輩として、辛いときに乗り越えられるよう気持ちも切り替えることができるよう、心身の健康も保てるよう様々な観点から心身の健康についてもサポートしています。(心理カウンセラー・メンタルヘルス他有資格者)

■敬語の遣い方

・敬語の種類と使い分け

・呼称

・若者言葉に気をつけよう

・二重敬語に注意しよう

・ビジネスシーンで敬語を遣う

    講義・ワーク

学生時代に使っていたアルバイトの敬語とは、少し異なるかもしれませんが、しっかりとした敬語を学び、身に付けるようサポートを行っています。

 

覚えることも多いのですが、この部分は、受講生さまの様子を見て、時間をとっていることもあります。

■ビジネス文書

 

 

 

 

・ビジネス文書について理解を深めよう

・社内文書の書き方

・社外文書の書き方

・取引先へのお礼状の書き方

・メールのマナー

・メール、LINE、電話、FAX、訪問、面談、口頭での連絡等の使い分け

講義・ワーク・セルフワーク

ビジネス文書が書けるようにサポートしています。

今の時代は、パソコンで簡単に作成できますが、はやり基本を身に付けておくことは必要です。

難しい言葉も出てくるかもしれませんが社外文書も書けるようにサポートしています。

メール、LINE、電話、FAX、面談と等違いもしっかり確認していただいております。

 

質疑応答

本日のまとめ

 

 

  

 

2日目×6時間

項目

内容

進め方の例

期待できる成果

指導の根拠

■電話応対

・電話の特質・心得

・電話のタブーと注意点

・電話の受け方、かけ方

・伝言の受け方、伝言のお願いのしかた

・クレーム電話について(基礎)

 (お客様の心理と対応のしかた)

・お問い合わせ電話の対応のしかた

講義・実技トレーニング中心

電話は慣れるようになるまで、徹底したトレーニングを行っています。

最初は、テキストを見ながらでも、のちに、暗記をしたり、アドリブで、すらすらと言えるようにもなられています。

その都度、声のトーンやスピ―ト、内容等、アドバイスをさせていただいておりますが、回数を重ねるたびに、よくなられていることが現状としてございます。

 

■応対動作のスキル

 習得

1.来客応対

・玄関・受付の心得

・ご案内のしかた・廊下の歩き方・EVの案内(席次含)のしかた

・お客様をご案内するときのドアの開け閉め

・席次(洋室・和室)

・お茶(お菓子)の出し方

・コーヒー・紅茶の出し方

・人の紹介方法・商談での挨拶のしかた

・名刺交換

・お客様とお話中の上司に話しかける場合

・お見送りのしかた

*名刺交換時のトレーニングに使用する簡易版の名刺や名刺入れは、1回の研修につき受講生200名様分まで、講師から無料でお貸し致します。

講義・実技トレーニング中心

・飲食、パーティーのマナー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様との商談等、大切なシーンが多いと思いますので、徹底したトレーニングを積み重ねています。

 

その結果、毎回、確実にかなりしっかりとした実技動作が身に付いています。

 

 

■応対動作のスキル

 習得

2.訪問動作

・上司と同行する場合の注意点(出張のマナー含)

・部下、後輩の心得

・車・電車の席次

・案内された部屋への入り方

・お茶、コーヒー、紅茶の頂き方

・ものの受け渡しのしかた

・退室のしかた

・お見送りの受け方

講義・実技トレーニング中心

 

■ストレス

 マネジメント

・モチベーションを高めるために

・落ち込んだ時のアドバイス

仕事をしていると、どんなときもあります。

乗り切り方をお伝えしています。

■目標設定

 

・自己を成長させよう

・目標設定

・グループワークと発表

いままでのまとめと、これからの成長に向けて、決意表明をしていただきます。

質疑応答

本日のまとめ

 

 

                                           作成:高橋

 




~受講生さまからいただいたアンケートに講師から感謝と応援のメッセージを記載しております~

 

[企業:内定者・新入社員:受講生さまのアンケート]         掲載ブログはこちらです

 

高橋先生の講義では、なぜ、そのマナーを守らなければならないのかをマナーの成り立ちから丁寧に説明していただけたので、非常にわかりやすかったです。先生は一人で講義をされていましたが、それぞれの生徒にそれぞれの間違いに応じたアドバイスを与えてくれたので、非常に勉強になりました。また、とても優しく教えていただいたので、和やかな雰囲気で授業を受けることができ、プレッシャーを感じずに勉強できました。

●講師より:
2日間、両日長時間の研修、お疲れさまでした。アンケートにご記入くださり、ありがとうございます。

様々なワークや実技トレーニングに加えて、新しいことを覚えていただくことも多くて大変だったと思います。ハードな研修だったと思いますが、皆さん、熱心にご受講くださり感謝しております。

マナーについては、現場では応用力が求められますので「なぜ、何のために、どのようなことをするのか」など根拠や理由を明確にしておくと、様々なシーンでも自分自身で考え判断できるようになりますものね。
最初は先輩方に同行し、いろいろなシーンを先輩方とともに経験されていくことが多いことでしょう。

また、グループワークでも、皆さんがよい雰囲気で進めてくださったおかげで毎回メンバーの方が気軽に、そして全員が公平に発言できていたこと、ご自身たちで様々なアイデアが出てきたこと、私も拝見していて様々な様子をほほえましく思い見守っていました。

皆さんの業種は、皆さんのさまざまなアイデアが商品化されることで会社の財産になります。
常に時代の流れやニーズを読み、問題意識を持ち、改善策を考え、自社商品の開発をしていくことが大切です。

これからも、問題意識を持つことを習慣にし、様々なアイデアが浮かぶようこのようなよい雰囲気で会議なども進めていってくださいね。

もう10年近くこちらの事業所さまで新入職員研修を担当させていただいておりますが、最初の1年目に担当させていただいたころから、皆さんの先輩方も覚えが早く、そして素直で、毎年2日間の研修で、その成長を感じとることができました。
だから、私自身もやりがいを感じています。

私は毎年、こちらの事業所で新入社員の皆さんにお目にかかることをとても楽しみにしています。
皆さんなら、人を思いやるマナーもきちんとでき、いろいろなアイデアも出し合い、会社を成長させていくことができるでしょう。
これからも頑張ってくださいね。期待・応援していますよ。


[企業:内定者・新入社員:受講生さまのアンケート]         掲載ブログはこちらです

2日間、ありがとうございました。すべてが初めてのことばかりで不安なことばっかりだったんですけど、周りの支えもあり2日間がんばることができました。電話応対や接客応対はとてもためになってよかったと思います。これから2日間で学んだことを発揮できるようにがんばっていきたいと思います。

講師より:
2日間の研修、お疲れさまでした。アンケートにご記入くださり、ありがとうございます。
私もしっかりと皆さんとコミュニケーションをとるように心得えてまいりました。皆さんと、仕事を超えたいろいろなお話ができましたね。

その会話の中、何について不安をお持ちであったかなど私の方でも理解できました。
研修内容につきましては、その部分は特に皆さんの不安が自信に変わるまで徹底した実技トレーニングを何度も何度も行い、私からもその都度アドバイスをさせていただくことにいたしました。

そのうち、皆さんから自然に笑顔がこぼれきましたね。
スキルがアップしたと私も感じたと同時に、ご自身でも自信がついてきたのでは思い、嬉しく思っていました。

不安を自信に変えるには、私は「自分自身でどれだけそのことに真剣に取り組み、最大の努力をしてきたか」のように思います。

小さな成功を積み重ねていくと、それはやがて自分への自信へと繋がり、今後、大きな物事へ取り組み、チャレンジできる土台作りにもなります。

これから、たくさんの成功経験を積み重ね、仕事のやりがいをたくさん掴んでくださいね。
それは、やがて大きく会社にも貢献することになるでしょう。
ずっと応援しています。

[企業:内定者・新入社員:受講生さまのアンケート]      掲載ブログはこちらです

笑顔が常に出ていて、良い印象しかなかったので笑顔が大切なことを知ることができました。また、うなずくタイミングなども普段の中から見ることで、とても勉強になった。実技混じりで進め方がすごく上手かったので、眠くならずにすみました。ありがとうございました。

講師より:
2日間の研修、お疲れさまでした。
アンケートにご記入くださり、ありがとうございます。
各日、長時間で、内容ももりだくさんでしたのに、よくがんばっていらっしゃいました。

学生と社会人の違いは厳しいこともお伝えしましたが、社会に出ることは、辛いことばかりではなく、学生時代には味わえなかった責任が、やがて「仕事のやりがい」に変わりますよ。

職場は、自分が成長できる最高の場所です。

たくさん知識を習得していただいたこと、そして、皆とグル―プワークで話し合い、他の方の意見を聴きながら物事を進めていくこと、マナーの実技動作には各意味があることなど、これから現場に出て、様々なシーンで応用して活かしていきましょう。

毎日、目標を持って、しっかり前に進んでいきましょうね。
応援しています。

©Office Takahashi All rights reserved.当方担当の主催者様・そのご予定・可能性のある主催者様(開催前の会議やお打合せ・開催準備物の作成等)現在提携中の講演会社・研修会社(ご提案・業務遂行)を除き、当サイトで提供している画像・内容・カリキュラム等すべての使用・複製・複写・転載・加工等あらゆる手段による無断利用を一切禁止いたします。