医療・看護職員向 研修・講演会

  

~患者さま・ご家族から信頼される職員の育成~

 


医療・看護職員向 研修・講演会 内容

研修・講演会の内容です。



 

こちらの研修は、購買を促進する一般企業の研修とは異なり、

医療・看護従事者・職員向きの研修です。

 

患者さま・ご家族への接遇対応等は、さまざまなお身体の状態への配慮、

病気と闘う辛いお気持ちなど特別な配慮が必要な研修につき、

下記に研修の考え方や指導の根拠を記載します。

 




医療・看護研修の考え方

当方の職員育成についての考え方です。

 


医療・看護研修:指導の根拠

指導の根拠です。

 







当方では、皆さまの人権尊重・プライバシー保護、事業所様のリスク予防を優先としています~

 

 

医療は、購買を促進する企業ではありません。

 

当方では、研修講演ご担当者の方・受講生の方々へ、研修会等の終了後、ビデオ動画出演・インタビュー依頼(研修担当者の方、受講生の方々を動画撮影・取材して研修について話をさせ宣伝利用など)は、一切ございません。 
 

 当方では、講演・研修後のアンケートに、講演・研修のご担当の方・受講される方々が、お名前等をご記入くださった場合も、各お名前など(用紙の筆跡含)は出さず、各人の人権尊重・プライバシー保護・個人情報保護を優先しております。

 

担当先の個人保護の他、それらによる担当先のリスク未然予防、情報保守管理、インタビュー等による担当する事業所従業員様の勤務外時間外労役の排除(事業所側の健全な労務遂行:勤務時間内 従業員の職務専念、その時間の給与発生の有無の問題、労働者の休憩時間の束縛など人事総務関連の発生しうる問題を未然予防:各種法令遵守)、他 担当先において、発生しうる想定内外のリスクを未然に予防することを優先しております。

 

主催者様に講演会・研修を安全に開催していただけるよう、また、お忙しい皆さまへの思いやり、基本的な

マナーを大切にし、人権を尊重し、安心してお過ごしいただけるよう配慮しております。


*皆様もよくご存じのとおり、

 医療接遇は、体調のすぐれない方や、お身体への配慮が必要な患者様・ご家族応対が主です。  

企業事務…文字を書く、パソコン操作、ビジネス電話応対

秘書業務…事務やビジネスマナー・一般来客応対 

事務作業・ビジネスマナー来客応対⇒デスクワーク

 

   実際、治療等が行われている心身の配慮が必要な【医療接遇(患者様ご家族応対)】は

企業事務・秘書のデスクワーク応対スキルが根本的に異なる。

 

企業での事務や秘書には、医療介護接遇とは異なり、別の一般来客応対スキルになりますため、

 ビジネスマナー等の指導で、別カリキュラムをご用意しております。

医療接遇は、体調のすぐれない方や、お身体への配慮が必要な患者様・ご家族応対が主になります。