徘徊されている(認知症の)方の早期発見・保護に向けて

 


認知症は脳の病気です。 

皆で見守りを強化し、

やさしく温かく安全な地域を作っていきましょう。


こちらの研修は、現在の社会情勢を考慮し、

ひとりひとりの命優先で、

講師料は不要:無償ボランティアとして対応させていただきます。

 

 事業所で他内容の研修を担当時、研修時間内 もしくは 研修時間に追加して、

こちらの内容を入れていただける場合は、皆様の地域への見守りご協力に感謝し、

当時間分を研修料金から割引させていただきます。

(お問い合わせ時に、当内容の配分時間をご記入ください。)

 

ご遠方でも対応するため、交通費は主催者様側でご負担いただけますと幸いでございます。

(京都市発着です。)


 ~メッセージ~

 

認知症で徘徊されている方を発見・保護し、警察に連絡・警察官が到着までに対応した経験から、

公共交通機関に勤務されている方・地域の方すべてでご高齢の方への見守りをすることが大切だと感じています。

 

認知症が原因で行方がわからなくなったとして、2017年に全国の警察に届け出があった行方不明者は 

のべ人数で15,863人でした。 この人数は、下記の図のように、年々増加しています。

 

 

出典:警視庁ウェブサイト URL: https://www.npa.go.jp/index.html

平成29年における行方不明者の状況について」

URL: https://www.npa.go.jp/safetylife/seianki/fumei/H29yukuehumeisha_zuhyou.pdf


出典:警視庁ウェブサイト URL: https://www.npa.go.jp/index.html

平成29年における行方不明者の状況について」

URL: https://www.npa.go.jp/safetylife/seianki/fumei/H29yukuehumeisha_zuhyou.pdf


今後、高齢化は、さらに進みます。

 

皆さんが発見時、ご本人は、すでに体調不良かもしません。

そのことに早く気づいて、適切な対応をすることが必要です。

 

中には、受け答えがしっかりされている方もいらっしゃり、

認知症だと気づきにくい場合があるかもしれません。


この場合は、認知症の方の受け答えの特徴を知っておくことと、
認知症を判断できるようになることが大切です。
 

認知症は、誰にでもなる可能性のある病気です。

地域ぐるみで徘徊や認知症への理解を深め、

対応の方法や連絡先の確認・連絡手段、事業所内での見守り組織体制をしっかりと整え、
早期発見・保護し、適切な対応・通報ができるようになりましょう。


~想定する受講生~

すべての方々。

サービス業に従事されている方々。

銀行、電車、地下鉄、バス等の公共交通機関に勤務する職員、行政、コンビニ、スーパー、ドラッグ、

飲食店、ガソリンスタンド、配達(新聞、郵便、宅配等)、小売店、商店街など地域で勤務されている方、

学生の方、教職員、自治体、老人クラブ、家族会、民生委員、防犯ボランティア、企業、JC、商工会など。


~カリキュラム例~

 

*例 90

 

■認知症について理解を深めよう

*講義・ワーク

 

■認知症・徘徊に気づこう

・受け答えがはっきりしている方もいらっしゃる。

 どのような点に気をつけて観察し接するか

・ご本人の体調不良を、どこを、どのように観察して気づくか

 →手当・対応方法を知ろう

   (講師は、

  *家族の介護経験者<初期の認知症から亡くなるまでの過程10年すべて介護>

  *家族の世話に医療介護機関に10年以上通い、様々な症状のご高齢の方を見、接してきている 

  *市消防署委嘱:救命講習指導員経験他 有資格者

  *地元地域の見守りボランティアに長年携わり、地域のご高齢の方やご家族とのいろいろな経験有

・救急への通報のしかた

・救急車が到着するまでの救急対応

*講義・実技演習

 

■徘徊されている方への接し方

・認知症の方への必要な心構え

接し方トレーニング
 (認知症には、さまざまな症状がありますが時間内でできる限りのトレーニングをしましょう)

・実際の発見保護、警察への通報・警察が来られるまでに行うこと

 対応時、特に気をつけること、ご本人確認の方法例、

 現場で困ったことなど⇒どうすればよいか(実話)

*講義・実技演習

 

■認知症の方を発見したときの社内の対応や通報(警察・市・地域包括等への)

 システムを構築しましょう

 注意:人手不足のときも、無責任な対応をしないようにしなしょう。

    徘徊と気づかれずに徘徊を続け、亡くなっている方もいらっしゃることを、

    しっかりと認識しましょう。

・人手不足でも、事業所内で確実な対応方法を設定し、全社員で徹底した訓練をしましょう

*徹底した実技訓練演習・通報システムの確立アドバイス

 


~講師より~

 

私は、早くに親を亡くし、その後、10年に及ぼぶ祖母の介護を経験しました。

実際に数年前、駅で認知症の方の保護・通報をしたとき、

とても ひとごととは、思えなかったのです。

 

強い雨が降っていた日でした。

 

もし、あの日、あの時、ご本人と会えてなかったら、

 ご本人は、この雨の中を歩き続けていらしたのだろうか…。」

ご家族が心配になってお探しになっているだろう…。」とか、

私は家に戻ってから、いろいろなことが頭をよぎり、

何度も思い出しては、涙があふれてきました…。

 

今もこのメッセージを打ちながら、あの時のことを思い出してきて、涙があふれてきました…。

 

年をとるということは、誰にでも平等に訪れるものです。

 

皆、この世に生を受け、ひとりひとりが大事な存在です。

それは、皆、同じなのです。

 

私は、偶然こちらのページをご覧下さった方々が、

認知症について自分で調べて知ろうとしてくださったり、

なにか自分にできることを考え、

ひとりひとりの協力の必要性をご認識くださったら、

とてもありがたく思います。

 

皆様の地域所轄の包括支援センターや、行政の介護福祉関係の部署、

ご近所の介護事業所の職員の方々、実際に御家族の介護を経験された方々などの

お話を聴かれるのもよいではと思います。

ひとりひとりの命を、人を大切にして、

みんなが安心してすごせる温かい地域を、

皆さんの手で作っていただきたいと願っています。

 

あなたの親御様・ご家族が、あなたが、
みなさまの地域にいらっしゃる方々が、

皆さんがいつまでもお元気で幸せにお過ごしになりますように…。

 

 


~地域ボランティア活動~

 

・京都市 保健福祉局 長寿社会部 長寿福祉課 一人暮らしお年寄り見守りサポーター
・京都市 消防局 高齢者緊急通報システム(一人暮らしの高齢者宅)近隣協力員

・京都府 くらしの安全推進員(府:消費生活安全センター)
・京都市 消防局 普通救命講習指導員(市消防局委嘱:H2223
・京都市 文化市民局 市民生活部 市民消費生活センター(市委嘱:H1822
・京都市 産業観光局 商工部 商業振興課 優良店舗選択委員(市委嘱:H2122
・京都府 交通対策課、北警察署(府委嘱:H2022
・京都市 総務局 総務部 行政改革課 第三価評価、調査協力者(市委嘱:H14
・社会福祉法人 ライトハウス視覚障害者手引き(生活支援部、通院ガイド)
・京都市 総務部 「市民会議」 取材班
・京都市 文化市民局市民総合相談課 くらしのみはりたい(高齢者向悪徳商法のみはり
・京都北ふれあいグループ(学生時:障害を持つ小学生~高校生)他

 

                        ボランティアに携わっている理由1:学生時代のこと

                        ボランティアに携わっている理由2:看病介護経験  


~指導の根拠:自らの介護経験~

 

 患者利用者家族の深層心理:さまざまなお身体の状態への配慮、病気と闘う辛いお気持ちなど特別な配慮

 看病・介護の内訳:

1人目:家族の余命宣告を受ける:末期疾患~亡くなるまで

               (病院に泊り込み看病・夜中は家族と交代で病院外来の長椅子にて仮眠)
2人目:(高齢者)初期認知症~要介護5・亡くなるまで

              すべての経過の介護経験有
     <本人に麻痺があったため、医療介護現場に、
20代から食事の世話に10年通う

      3~6ヵ月ごとに転院
3人目:ひとりでの在宅介護を経験。家族の通院<車椅子>つきそいも経験
          介護者として:ひとりでの在宅介護の苦悩と、介護者が病気に
なるまでの過程も経験

・講師自身の患者経験:救急車で運ばれ入院、麻痺、寝たきり

  (自分で意思疎通ができない)状態、 車椅子経験他 

 元気になってからは、救命指導員や見守り等地域ボランティアに力を注ぐ
   

 

*イメージ画像です


~指導の根拠:取得資格~

 

必要とされるさまざまなお身体の状態への配慮

・ホームヘルパー2級(医療法人主催) 
・ベビーシッター(民間)
・サービスケアアテンダント(社団法人主催:高齢者・お身体の不自由な方への応対:指導)
・京都市消防局 上級救命救急技能

・京都市消防局   応急手当普及(指導)員
・日本赤十字 家庭看護

・  〃   災害時高齢者生活支援

・  〃         救急法救急員

・  〃         幼児安全法支援員

・  〃       健康(高齢者)生活支援員
・京都市 認知症アドバンスサポーター
・京都市 高齢者すこやか(介護予防)体操指導者

・京都府 障害のある人もない人も共に安心していきいきと暮らしやすい社会づくり条例

   心のバリアフリーサポーター 

・メンタルヘルス 
・心理カウンセラー(協会主催)


~指導の根拠:取得資格~

  

・文部科学省後援 ビジネス電話検定 実践級(最上級) 優秀賞 受賞
・文部科学省後援 サービス接遇 1
・文部科学省後援 ビジネス実務マナー 1
・文部科学省後援 秘書検定 1
・文部科学省後援 ビジネス文書検定 1
・文部科学省 経済産業省認可 社団法人 全日本きものコンサルタント協会認定校
 装道礼法学院認定 礼法講師
・装道きもの学院認定着物着付指導資格
・全日本作法会 師範
・華道 未生流 教授
・茶道 裏千家 許状
・文部科学大臣許可法人 財団法人全日本情報学習振興協会

  個人情報保護法 スペシャリスト 認定 

厚生労働省 後援 ワークルール
・ビジネス著作権検定 
・日商 ビジネスマネージャー

・簿記1級 
・日商 販売士 
・公安委員会 不当請求防止責任者(すべて証明書有)




「みんなにやさしい♡社会作り」